未分類

お金がどこに発生しているかを見極める、お金で損をしたくない、お金の話

皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。
本日は『お金がどこに発生しているか見極める』というテーマで記事を書いていきたいと思います。なんでこんなものが1万円?みたいなものありませんか?とかこのサービスにこのお金を払うのはもったいないだとか。どこにお金が発生しているのかを考えることで心の持ち用が変わったり、ビジネスに生かせる部分もあるのではないでしょうか?

目次
①お金の発生しているところを見極める
②サービス以上にお金の価値を受ける工夫

①お金の発生しているところを見極める
ビジネスをしたり、商品を購入するときに私はこのことを結構考えたりしています。皆さんもたまに『この商品は原価率は何円だからこの商品は詐欺だ‼︎』みたいに言う人がいますが、その商品にも広告を売ったり、工場の作業があったり、店舗に置くためのお金がかかったり、店舗で販売する人の人件費がかかったりしています。商品の原価にはお金はかかっていないかもしれないですけど他の工程を通過し、商品を購入する上で大体同じぐらいの利益になってると思います。(買う人も馬鹿じゃないので明らかにサービスや商品より価値がついてこないと気づくと思う。利益がすごく高いものもあるけど)ここからが本題で、ならばここの『どこにお金がかかっているのか』ということを意識するだけで今後自分が物を買う時にサービスを最大限に受けることができると思います。例えば、自分が受けたいマッサージの質は大体これぐらいなんだけど、ここのマッサージ屋さんは最近広告に力を入れてて店のレイアウトにも凄くお金を使っているのでサービスの室より広告費、レイアウト代がマッサージ代に含まれているんじゃないか?など…。最近では流通を減らす(店舗を構えない、広告をCMしないなどでなるべく原価を高くする)流行りましたよね。お金をかける場所を減らすことで原価を上げれるというのは素晴らしいアイデアですよね。

② サービス以上にお金の価値を受ける工夫
『どこにお金がかかっているのか』ということを意識するだけでもサービスを受けることに対する判断が変わるため得ですが、サービス以上にお金の価値を受ける工夫も役に立つと思います。それは、『サービスの本質以外の価値を自分で作り出すことです』。例えば、カフェにお昼ご飯を食べに行きます。ランチは1500円でした。少し高いと思ったが、自分がカフェを経営していて人気カフェのレイアウトを見れたり、実際に定員さんと話をして人気の理由の裏話が聞けたり、落ち着いた空間で2時間本が読めたり。サービスの本質以外の場所に価値を見出すことでサービス料金以上の物を受け取ることができます。めちゃくちゃ久しぶりに会った人と居酒屋に行き、5000円して料理も普通だったけどそれ以上に会えたことが嬉しかったなど…。会うための空間にお金の価値を見出した例ですね。

まとめますね。お金の発生しているところを見極めることで物を買う時にサービス自体の価値を最大限に受けることができる。サービス以上にお金の価値を受け取るためには、サービスの本質以外の価値を自分で作り出すことが大切である。本日はオススメの本を3冊紹介しておきます。どれも本質的な内容です。よかったら読んでみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。以上です。

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる
革命のファンファーレ 現代のお金と広告 (幻冬舎単行本)
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)