未分類

どこで利益をあげるかを考える

皆さん、こんにちは、こんばんわ!
新社会人の教室です。
本日は『どこで利益をあげるかを考える』というテーマで記事を書いていこうと思います。やはり、ビジネスをやっていく上で利益はあげないといけないです。なぜなら、自分の活動も止まってしまいますし、他の人を応援する余裕もなくなってしまうからです。ただ、この利益をあげるということを手前でとらえてしまっている人が多いため、私が学習した利益を上げるポイントというのをお伝えしたいと思います。

 

 

目次

①そのコンテンツは本当に収益化したほうがいいのか
②実際に私たちが利益を上げる場合

 

 

①そのコンテンツは本当に収益にしたほうがいいのか

この前ちょうどUSJ(大阪の大手遊園地)に行った時、ふとおもったことがあるのですが、入場券は7000円前後で、まぁ普通の遊園地に比べてアトラクションとかもしっかりしてるし、普通の遊園地って4000円ぐらいするし、こんなもんだろうと。ただ、中のグッズは被り物が5000円ぐらいしたりと、めちゃくちゃ高いんですね。でも、USJにきたらみんな被り物をしてるし、被ってなかったらなんか場違いな感じがすると。ここから、私が思ったことはUSJは入場料はもっと高くしないと元は取れないが、グッズで元をとるようなマネタイズの仕方をしているんだなと思いました。
つまり、USJは入場料をこれ以上あげるという方法ではなくて、グッズを買う状況を設定し、入場料をあげない代わりにグッズで儲けを作るシステムにしているということです。
これは、居酒屋でも言えます。普通の食事の商品の利益率はめちゃくちゃ低いんですね。だから、お酒を飲んでもらうことで利益率を上げる。居酒屋はお酒で利益をあげているんです。

 

 

 

②実際に私たちが利益をあげる場合
私たちはコンテンツを利用する時に、どこでマネタイズするのかをより強く意識しないといけません。ブログのみで収益を上げるならアフェリエイトに力を入れた方がいいと思いますし、それ以外にマネタイズする方法があるのならばこのブログは自分を知ってもらうために使うという方法でもいいのです。私は、どちらかというと後者の方でブログを使うことを意識しているので、アフェリエイトで紹介している商品は自分が使って本当にいいと思ったもののみを紹介しています。別にブログで収益をあげることをそこまで意識していません。だから、信頼性の高いものを紹介できます。
つまり、ここで言いたい結論は本当にマネタイズしたいコンテンツをお客さんに見てもらうために他のメディアとかをつかってアピールしてもいいんじゃないか?ということです。
この方法でビジネスを考えるのであれば、多くのコンテンツを持っている方が有利かもしれませんね。

 

 

 

まとめますね。そのコンテンツで収益を上げた方がいいかを考える。USJならグッズ、居酒屋ならお酒である。自分が使う上でも、ブログを自分を知ってもらうためのコンテンツにして、他で収益を上げる方法などがあるため、ブログでは営業をせず、本当にいいものだけを紹介できる。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を読んでいた人にオススメの記事のリンクを貼っておきます↓

https://onsaro.jp/お金がどこに発生しているかを見極める、お金で/