ビジネス

やりたいことがない 仕事がつまらない人に読んでほしい(あなたの余っている時間をお金に変える方法)

皆さん、こんにちは、こんばんは

新社会人の教室です

本日は『やりたいことがない 仕事がつまらない人に読んでほしい(あなたの余っている時間をお金に変える方法)』というテーマで記事を書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

こんな疑問に答えます

やりたいことがなくて、時間が余っているんだけど何をしたらいいのかわからない。なにかに頑張りたいけど具体的な方法がわからない

 

 

 

 

 

 

本記事のテーマ

やりたいことがない 仕事がつまらない人に読んでほしい(あなたの余っている時間をお金に変える方法)

 

 

 

 

 

 

読者さんにメッセージ

本記事ではやりたいことがない方、仕事がつまらない方など時間は余っているが何をしたらいいのかわからない方に時間の価値を詳しく解説します。

 

この記事を読むことで余っている時間の具体的な使い方、時間の価値について理解することができます。

 

私も社会人1年目の時は時間は余っているけどなんかしたいこともないし、結局休日また何もせずに1日が終わったなと思うことが多く、そんな人のなにかスタートのきっかけになればいいなと思います。

 

 

 

目次

①時間は時間は時間は自己投資に使うが1択

②時間は人間が持っている資産の中で1番価値のあるものです

③時間も節約する

④時間の節約のためにお金を使う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①時間は自己投資に使うが1択

この記事を読んでいただいてる人は余っている時間をなにに使おうか迷っている人だと思います。仮に今回は成功するための時間の使い方(余っている時間の有効な使い方)という方向に絞っていきたいと思います。

時間を『幸せ』に使いたい方はこちらの記事をどうぞ↓

幸せになるためには、幸せとは?人生つまらない皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎ 新社会人の教室です。 本日は『幸せになるためには、幸せとは?』というテーマで記事を...

 

 

 

余っている時間の1番いい使い方は自己投資だと思います。その理由を書いていきます。

 

お金を生むということは物を売る、もしくはサービスを提供するということのふたつに分かれると思います。物を売る場合、サービスを提供する場合でも高いお金を払ってもらうために必要なことはクオリティーを上げることです。単純ですがお金を多く稼ぐためには物のクオリティー、もしくはサービスのクオリティーを上げるしかありません。(先行者利益、現代では高いクオリティでも作品が売れにくい問題は置いといて)

 

社会人になって忘れがちなのがこの自己投資をすることで自分のスキルアップの時間を確保することです。日本の社会人の仕事以外の平均勉強時間は6分であり、世界の社会人と比べてもダントツに低いことがわかります。日本人はスキルアップに時間を使っていないのです。

 

私が余っている時間を自己投資に使えという最大の理由は『お金を稼ぐことに時間を使っている人は多くお金を稼ぐことはあたりまえである』からです。

 

成功者の中には、家が貧乏で成功するしか道がなかったや失敗したら人生が終わるという背水の陣で臨む人も少なくありません。それ以外は、本当にビジネス自体が好きな人です。この人たちに共通することは誰よりもお金を稼ぐことに時間を使っていることです。

 

私はお金が稼ぎたいという人に限って自分の余った時間を自分の娯楽に使っている人がほとんどであると思います。お金を稼いでいる人は何か特別なのではなく、お金を稼ぐこと(自分のスキルアップ)に他の人の何倍も時間を使っているただそれだけなのです。

 

 

 

 

 

 

②時間は人間が持っている資産の中で1番価値のあるものです

まず、時間が余っている人はその時間がいかに重要なものであるかということを理解した方がいいと思います。サブタイトルからもわかるように時間は人間が持っている資産の中で1番価値のあるものです。なぜなら、お金が必要な人ならばお金を稼ぐために時間を使えばいいし、幸せを求める人ならば家族や友人に使うことができます。年を取ればとるほど、有名人になればなるほど時間の価値というものは増していきます。(遊園地にいるときに残り時間が少なくなると残りの30分はなにに使うかが重要になっていくのと一緒。選択肢が絞られるため。有名人になると多くの人から求められるため、菅田将暉に会いたい人は多く、菅田将暉の1時間はすごい価値になる。競争が激しいため。)

 

時間はなんにでも変換可能ですが、唯一生まれた時から増やすことはできません。このなんにでも変換可能という点があるからこそ時間は人間が持っている資産の中で1番価値のあるものなのです。しかもそれが平等にふりわけられているという点では、人生はある意味平等かもしれません。

 

さらに深堀していきます。仮に1時間があったとすれば、その時間時給1000円のアルバイトをすれば1時間を1000円に変換することができます。私であれば有名な起業家の人の話を聞きたいのであれば、日曜日に起業家の荷物持ちをただでしますというDMを送って休日という時間を提供することで話を聞きます。時間は何物でもない人でも起業家に交渉できる武器なのです。

 

 

 

 

 

 

③時間も節約する

多くの人はお金を節約するということは考えていますが時間を節約するということを考えていません。時間を節約すれば先ほどのように1時間のバイトができるので1時間節約すること=1000円節約することなのです。つまり、時間を節約することはお金を節約することなのです。

 

 

 

 

 

 

④時間の節約のためにお金投資をする

時間を節約することがお金を節約するということが理解できたうえで、時間を節約するためにお金を使うという考え方をしていきたいと思います。

 

具体例を出すと、時給5万円の社長が東京から大阪にいくのに飛行機は高いから夜行バスで行きますと言ったらおかしな話ですよね。当日券で考えると飛行機は2万円、夜行バスは2千円程度です。飛行機は1時間半、夜行バスは9時間程度です。この時、飛行機で行くと7時間半の節約ができるので、社長は飛行機を使うと37万5千円稼げるわけですね。

 

このようにお金を払うことで時間を節約でき、結果としてお金を節約できるという考えは持っておいたほうがいいと思います。なので時間を節約するためのお金は削らないほうがいいんじゃないかなぁというのが私の結論です。

 

 

 

 

 

 

まとめますね。時間は自己投資に使うが1択。お金を稼ぐことに時間を使っている人は多くお金を稼ぐことはあたりまえである。さらに日本人の仕事以外の勉強時間は6分でありより差をつけることができる可能性もある。時間は人間が持っている資産の中で1番価値のあるものです。お金が必要な人ならばお金を稼ぐために時間を使えばいいし、幸せを求める人ならば家族や友人に使うことができる。時間はなんにでも変換可能ですが、唯一生まれた時から増やすことはできない。時間も節約する。時間を節約することはお金を節約することである。時間の節約のためにお金投資をする。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

私は家事や無駄な時間も学習にあてたかったのでこのサービスを使用しています。無料体験もできるのでよかったら試してみてください。↓

Audibleの無料体験はこちら

 

この記事を読んでいただいた方におススメの記事も載せておきます。↓

https://onsaro.jp/時間の有効な使い方%E3%80%80耳で聞いて読書する/