プロセスエコノミー

プロセスエコノミーの本質 (予算の革命とマーケティングを有利に進めれるについて解説します)

皆さん、こんにちは、こんばんは。

新社会人の教室です!

本日は『プロセスエコノミー (予算の革命とマーケティングを有利に進めれるについて解説します)』について記事を書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

こんな疑問を持っている人のための記事です

・プロセスエコノミーの本質とはなんなのか

・おもしろいアイデアはあるがお金を調達するアイデアがないのか

・最新のマーケティングの知識を得たい

 

 

 

プロセスエコノミーの基本的な概念はこちらの記事を読んでいただければ理解してもらえます↓

https://onsaro.jp/プロセスエコノミーとは(今回は本気の記事です/

 

 

 

 

 

本記事のテーマ

この記事では、プロセスエコノミーの本質を理解できます。

 

 

 

 

 

 

目次

①予算の革命

②マーケティングを有利に進めることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①予算の革命

プロセスエコノミーを使うことで、今まで足りなかった製作費の予算を確保するということが可能です。そして、予算の確保ということがプロセスエコノミーの本質の1つなのです。

 

プロセスエコノミーでは制作過程を販売し、その過程で資金を得る。もしくはプロセスに共感してくれた人がファンになってくれるというメリットがあります。そんなプロセスエコノミーの中で、最も効果絶大であり本質的な予算の革命ということについて書いていきます。

 

なにかいいアイデアを持っていたり、いい作品を作れる人の多くはそのサービスや完成品ができるまでに製作費が底をついてしまうという問題があります。そんなアイデアの中では小さな町を支えるパン屋さんのアイデアだったり、日本の未来を変えるようなアイデアがあるかもしれません。こんな問題を解決するために生まれた考え方としてプロセスエコノミーがあります。製作段階を開示することにより、その過程の方法そのものを販売したりすることができます。そしてなにより、製作段階でできたボツ作品だったり、製作過程の風景そのものを動画に撮影することにより、視聴者から直接課金してもらうという方法をとることができます。

 

今はYouTubeのライブ配信だったり、その他のライブ配信アプリが人気を集めていたり、NFT(ネットの画像自体をに価値がつきお金をいただいて画像や動画を売る仕組み)ができています。このプロセスを開示して直接課金をしてもらうという概念を理解しているだけでも、『製作段階で資金が底をついてしまうあるいは、安物の完成品ができてしまいまう』ということを回避することができます。また、製作段階で資金を集めることができるということは、完成品により資金を加えることができるということです。そのため完成品のクオリティーを上げるということにもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

②マーケティングを有利に進めることができる

プロセスエコノミーとはマーケティングの一種です。大きく分けると、制作過程を見せることで作品に込めた思いやこだわりに共感してくれた顧客をファンにできるという効果、製作段階で顧客の意見を反映できるという効果を持っています。

 

前者の効果は結構大きくて、共感してくれた人がファンになることでそのファン自身が広告になり作品の良さを広めてくれるという効果があります。(ジャニーズのファンがジャニーズの良さを勝手に友達に語るとかそんな感じです)ファンの広告というのは熱を持っているため広告としてもいい役割を果たしてくれそうです。

 

製作段階を公表することで顧客の意見を反映することができます。マーケティングのために顧客の意見を反映しすぎるというのは作品の独自性を失い、数ある作品の中に埋もれてしまうため得策ではありません。世間のニーズはここにあるという確認を取りながら政策を続けることができれば、もし作品が売れなかったとしても世間のニーズの通りに作品制作をしていないと納得することができます。また、本当に必要な意見であれば反映するのもありかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

まとめますね。予算の革命。プロセスエコノミーを使うことで、今まで足りなかった製作費の予算を確保するということが可能。そして、予算の確保ということがプロセスエコノミーの本質の1つである。製作段階を開示することにより、その過程の方法そのものを販売したりすることができたり、ボツ作品、制作風景の動画などに課金してもらうこともできる。そのため、製作段階で資金が底をついてしまうあるいは、安物の完成品ができてしまいまうということを回避することができる。マーケティングを有利に進めることができる。大きく分けると、制作過程を見せることで作品に込めた思いやこだわりに共感してくれた顧客をファンにできるという効果、製作段階で顧客の意見を反映できるという効果を持っている。共感してくれた人がファンになることでそのファン自身が広告になり作品の良さを広めてくれるという効果がある。製作段階を公表することで顧客の意見を反映することができる。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

プロセスエコノミーの基本的な概念はこちらの記事を読んでいただければ理解してもらえます↓

https://onsaro.jp/プロセスエコノミーとは(今回は本気の記事です/

 

 

 

 

プロセスエコノミーを完全に理解し、使用したい方はこちらの本を読んでください