未分類

メリットだけではなく、仕組みが大事である。仕組みの大切さ。

こんにちは‼︎こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。本日は『メリットだけではなく、仕組みが大事である。仕組みの大切さ。』と言うテーマで記事を書いていこうと思います。会社などにもある程度、上手くいくための仕組みが考えてあると思います。私が生活している中でやっぱり、仕組みって大事だなと思う場面が多く、再確認が必要だなと思って詳しく書いていくたいと思います。

目次
①メリットは分かっている
②仕組みで解決する

①メリットは分かっている
私は掃除が苦手です。掃除ができる人は、使った物は元の場所に戻す、気になった時に目に入ったら片付ければいいなどと言われたりして、掃除をしてないだけで知らず知らずの内にストレスを受けているんだよ、散らかった部屋で作業することって集中力が落ちてるんだよ、散らかって物の場所が分からなくなって探し物をする時に時間がかかっているんだよと。たくさんの掃除のメリットを言われたことがあるし聞いたことがあります。

『掃除をしたほうがいいのはわかってるけどできないんや‼︎』

私は大声で言いたいです。私にとってはそれがやった方がいいと分かっていることでもだらくさな性格から、生活できればいいやとおもってしまうのです。メリットがわかっているけどできないと思う例の中で『ダイエット』があると思います。ダイエットってした方が見た目なんかもよくなるし、太ってらっしゃる方なら痩せた方が体的にもいいねっていうメリットは分かっていると思います。ただ、ダイエットって続きにくいですよね。この時、私は人はメリットを教えられただけでは必ずしも動くのではないのではないか?と考えました。私も含めて意思が弱い時とかもあると思うので。笑

②仕組みで解決する
やっぱり意思が弱い私を含め、意思弱の人たちは仕組みを考えるべきだと思います。掃除が苦手な人なら、掃除1日5分する‼︎という張り紙を貼ったり、これも1つの仕組み作りだと思います。2日に1回人を呼ぶようにするとか、見栄をはるために部屋を綺麗にしとかないといけません。歯を磨いている間だけはもう片方の手で掃除するとか。ダイエットでもそうです。本が好きな人なら本を読みながら足で踏む機械を使うとか。皿を洗うときは、足で踏む機械を使うとか。バス停を1個遠いところにしてその間は歩くとか。こんなこまめな仕組みを何個か作ることにより自分にストレスなく目標を達成できると思います。大事なのは、自分が苦労しなくて続けられるということ。また、人に何かを伝えたりする時は、その行為のメリットだけではなくその行為ができる仕組みも考えてあげることが重要ではないかと思いました。

まとめますね。何か継続的に物事をするときとかはその行為のメリットを理解していたとしても、人はなかなか継続してすることができない人もいる。そんな人のためには、メリットだけを伝えるのではなく、苦労しなくても続けることができる仕組みも考えてあげることが重要なんじゃないかなと思いました。お金の仕組みを知るためには絶対に読んだほうがいい本です。難しい部分もありますが損はさせません。お金とは何か本質から知ることが大切です。