未分類

モチベーションの保ち方

皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。
本日は『モチベーションの保ち方』というテーマで記事を書いていこうと思います。何かを継続して続けるっていうのは大変ですよね…。私自身ランニングとかを運動のために始めても、3日後にはやめてたりとモチベーションを保つのが難しかったりします。そこでモチベーションを保つためにはどうしたらいいのかなとか思ったりして自分が実践してみて効果があったものを紹介していきたいと思います。今回はモチベーションの保ち方を2回の記事に分けて書きます。後半分です。

目次
①ノートに書く
②自分よりがんばってる境遇の人をみる(今回はこっちです)

②自分よりがんばってる境遇のひとをみる
私の過去の体験談を話させてください。私の家はそんなに裕福ではなく、大学までいかせてもらいましたが奨学金も結構借りてたり、大学時代は1人暮らしをさせてもらえなかったり、片道2時間ぐらいかかる大学までを原付でいったり。とにかく大変で『周りの人はなんで1人暮らしもできて車ももってて楽してるのに私だけ苦労しないといけないんだろう…。』と思っていました。(それが今の原動力になっているから今は感謝なのですが)そのまま、社会人になり、色々な人や経験をする中で『自分は恵まれた環境にいたんだな』ということを常々思います。私より沢山苦労してる人をみました。戦争で小学校の途中までしかいけず、毎日屋敷の掃除をしていた人。高校にいくために、学費を全て稼いでいた人。学費が払えないため、毎回学年でトップになり特待生になるしかなかった人。私より苦労している人を見れば見るほどなんで自分は恵まれた環境だむたんだろうと再確認することができます。自分が苦労しているきついなどと思った時、自分より苦労している人をみることでまだがんばる余力はあるんだと思えます。YouTubeでは『ホームレスからハーバード大学に行った女の子』の話がオススメです。

まとめますね。自分の狭い世界観の中で頑張っているとなんでこんなに頑張らないといけないんだとか、環境が悪いなどと思うことがありますが、実際には自分より劣悪な環境でもがいて大成功する人もいますし、私のきついなんて本当にきつい環境で頑張っている人からみたら恵まれた環境であると知れます。皆さんも頑張れなくなりそうになった時、自分よりきつい環境で頑張っている人を見て、『まだ頑張れる』と再確認してみてはどうですか?最後まで読んでいただきありがとうございました。以上です〜。