未分類

モチベーションの保ち方

皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。
本日は『モチベーションの保ち方』というテーマで記事を書いていこうと思います。何かを継続して続けるっていうのは大変ですよね…。私自身ランニングとかを運動のために始めても、3日後にはやめてたりとモチベーションを保つのが難しかったりします。そこでモチベーションを保つためにはどうしたらいいのかなとか思ったりして自分が実践してみて効果があったものを紹介していきたいと思います。今回はモチベーションの保ち方を2回の記事に分けて書きます。

目次
①ノートに書く
②自分よりがんばってる境遇の人をみる(次の記事で書きます)

①ノートに書く
先ず最初にモチベーションとは話がそれますが笑。学生時代の私は勉強方法に困っていました。『ノートに綺麗にまとめたほうがいい』や『とにかく紙に書きながら覚える』あるいは、『見るだけのほうがいい』など勉強方法には様々な意見があります。結論、その人に合ったやり方があるので全部の方法を試したほうがいいと思いますが…。で今回は見出しにもありますようにノートに書くやり方がモチベーションの維持につながるんじゃないか?という話です。よくこんなことを耳にします。『ノートを綺麗にまとめると達成感を得てしまうから、ノートを綺麗にまとめることが目的になってしまって、実際の目的である覚えるということができていないんじゃないか』と。これは一理あると思っていて、確かに達成感を得てしまうことで本来の目的である覚えるということよりノートを綺麗に書くということが目的になっている、目的と手段を間違えている典型的なパータンだと思います。逆にこの『達成感を得れる』ということを利用します。モチベーションを保てない理由として、例えばダイエットをしても1kg痩せてなかったら達成感を得られないじゃないですか?これって『努力したものが数字として目に見える形で表れてない』と言うことだと思います。仮に毎日1kgずつ絶対に痩せるダイエットだったら続きそうでよね?目に見える結果が数字として表れているからです。これをノートに応用して、毎日1つでも何かを勉強してそれを動画でみるのではなく、ノートに書き写してみてください。自分はこれだけ努力しているんだ‼︎というモチベーションに繋がると思います。また、これをランニングに置き換えるのであれば毎日走った分の距離を何かに書くや定期的に筋肉量や脂肪量を測って(今結構市民体育館とかのジムに測れるやつが置いてありますよね)成果を数字など視覚でみれる成果に変えてあげてください。モチベーションの維持に繋がると思います。

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)


革命のファンファーレ 現代のお金と広告