未分類

優秀な有名人や企業家の人がなぜ『まず行動しろ』と言うのか。

皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。

本日は『優秀な有名人や企業家の人がなぜ『まず行動しろ』と言うのか。』というテーマで記事を書いていきたいと思います。私は本とかはよく読む方なんですが、どの本を読んでも行動しろ‼︎ということがまず書いてあります。でもそんなこと言われても行動するのって難しいですよね…。あの人のあの立場だから行動できるんやとかあの心の持ちようだからできるだ…と。その企業家さんたちが行動しろっていっているのはこういうことなんじゃないかな〜ってのを考えてみました。

目次
①なんで行動したほうがいいのか
②具体例

①なんで行動したほうがいいのか
行動した方がいい理由の結論から書きますね。『自分で分析、試行錯誤しないとその人その人によって成功する条件が違うから』だと思います。当たり前のことなんですけど笑。私の、この記事って正直そんなに読みやすいという訳でもないと思うんです。しかし、この記事が私が行動しているなによりの証拠で文書の書き方とかブログのいい書き方とかは書いていくうちや書きながら勉強すればいいんです(日々良いものにする努力は絶対にしないといけません笑)。その書き方などを完璧にする前に私はもう書き始めています。本とか情報とかを読むのってものすごく大事だと思うんです、やりやすいやり方を知って時間の短縮になりますし。しかし、それが完璧になるのがいつなのかということもわからないし、なにより全く始めていないあなたと思い付いたその日に始めている別の誰かとでは実践経験値の差がどんどん開いていきます。行動→失敗→改善→行動のほうが準備→完璧→行動よりも結果はるかに早い。

②具体例
武井壮さんの話なんてまさにそれで、武井壮さんのいい睡眠みたいなので。人によっていい睡眠はそれぞれだから、寝る時に着る服、温度、時間などを細かくデータをとっていき、どの時に自分の最大のパフォーマンスができたか(アスリートなので)を細かくとっていたそうです。だからやっぱり、成功する方法なんてのは人それぞれで。人のやり方やアドバイスなんかは真似して参考にするけど、実際には自分がやって自分という条件で試行錯誤、分析し自分にとっての最高を探さないといけない。ってことはやっぱり行動して失敗して自分なりのいい方法を探さないといけないから、まず行動しろっていうのは自分なりの方法をみつけるために失敗しろってことだと思います。

まとめますね。成功には人によって条件が違う。行動→失敗→改善→行動のほうが準備→完璧→行動よりも結果はるかに早い。自分なりの方法を探すには結局失敗して改善しないといけないからまず行動することが大事。なら今から行動してください。『プロセスエコノミー』必ず、5年後、10年後のトレンドになります。今のうちから準備している人が絶対勝ちます。YouTubeもそうでした。リンクを張っておきます。ぜひこの本を読んで『プロセスエコノミー』の本質を知り、行動できる人になりましょう。最後まで読んでいただいてありがとうございました‼︎以上です〜。

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる