新社会人の悩み

最近の若者 特徴(最近の若者は覇気がない、根性がない理由について解説します)

皆さん、こんにちは、こんばんは
新社会人の教室です  @naporeon_2
本日は『最近の若者 特徴(最近の若者は覇気がない、根性がない理由について解説します)』というテーマで記事を書いていこうと思います。

 

バイトや仕事の環境下で『本当に最近の若者は』という言葉を上司、年上の方から言われている若者をよく見ます。なぜ、年上たちと若者の中にそのような考えの差が生まれてしまったんだろう。年上の人たちはなぜ『最近の若者たちは』という言葉を連呼するのだろう。

こんな疑問にお答えします。

 

 

 

 

 

本記事のテーマ
最近の若者 特徴(最近の若者は覇気がない、根性がない理由について解説します)

 

 

 

 

 

記事の信頼性
私も大学生、現在では社会人2年目としてバイトや仕事を続けてきました。そして上司や年上の方から『最近の若者は』という言葉を言われてきました。

 

 

 

 

 

 

読者さんにメッセージ
本記事では『最近の若者は』といわれる最近の若者の方と上司、年上の方に向けて書いています。

 

この記事を読むことで最近の若者が根性、覇気がない本当の理由について若者目線から書いてあるため、上司や年上の方にも理由を納得していただけると思います。

 

若者の方が覇気や根性がない理由はここなんだな。ならこうゆう対策をしようや若者の方もなんで私はこんなに覇気や根性がないって思われるんだろうっていう気持ちを解決できるかなと思います。

 

 

 

 

 

目次
①選択肢が多すぎる
②企業の平均寿命とかも交えて

 

 

 

 

①選択肢が選択肢が多すぎる

タイトルが今回の議題の結論になってしまっているのですが、最近の若者の覇気や根性がなく、上司に『最近の若者は』といわれる1番の原因は選択肢が多すぎるからです。

 

『選択肢が多いとはどうゆうこと?』という疑問に今からお答えします。昭和や平成の時代ではユーチューブやSNSなどのインターネットのツールというものはあまり流行ってなく、1つの企業でしっかり実績を積み出世していくというのが成功する1番の近道でした。

 

しかし、現代において出世すること以外の方法で稼ぐ方法も出てきてしまいました。それがユーチューブだったりブログだったりマルチビジネスだったりします。しかもその方法はインターネットによって拡散されるので知る人ぞ知る秘密の方法ではなくなってしまいます。

 

選択肢が増えるということはつまり、1つのことに割く時間が少なくなり、時間や努力が分散してしまうということです。(この記事で1番言いたいところはここです。)最近の若者は根性や覇気がないのではなく、正確には根性や覇気が分散してしまっているというのが正しい見方であると思います。

 

本来1つの本職に集中すべき時間や労力をほかの時間や労力に割いている。さらに、上司や年上の方はほかの副業などに労力、時間を割いていないので手を抜いているように見えるわけですね。

 

実際にそれが原因で、本業にかける時間が減ったり、睡眠不足であったり、身体的な疲労につながったりするわけですから、確かに最近の若者は(本業に対して)根性や覇気がないというのは正しいと思います。

 

 

 

 

 

②企業の平均寿命とかも交えて

2020年に倒産した企業の平均寿命は23.3年であったという事実から、人生のうち2回か3回は転職をすることが当たり前の時代であるといえる。そんな中で自分たちも生きていかないといけないのでいつつぶれるかわからない企業にずっと時間や労力を割くのではなく、副業などをして保険を作っておくことが多数派の意見であることは当然のことだと思う。

 

この企業の平均寿命が23年以上だった時代や働き方のほとんどが会社員だった人からすると本当に最近の若者というものは本業への労力が少なく覇気がないように見えてしまうのかもしれないという結論です。

 

 

この記事が面白いと思っていただいた方はTwitterもフォローしてください↓

@naporeon_2

この記事を読んでいただいた人にオススメの記事も載せておきます↓

やりたいことがない 仕事がつまらない人に読んでほしい(あなたの余っている時間をお金に変える方法)皆さん、こんにちは、こんばんは 新社会人の教室です 本日は『やりたいことがない 仕事がつまらない人に読んでほしい(あなたの余...