未分類

独学か誰かから学ぶか。独学大丈夫か?独学をするべきか?

皆さん、こんにちは、こんばんは‼︎
新社会人の教室です。
本日は『独学か誰かから学ぶか』というテーマで記事を書いていこうと思います。社会人になり、このままではダメだ‼︎と思った時に勉強し始めますよね?その時、独学でするのか学ぶのかというテーマにぶち当たると思います。それを私なりに考えまとめていきたいと思います。

 

目次
①独学のメリット
②学ぶメリット

 

①独学のメリット
結論は双方のメリットがあるので決めれないということになります。この結論を見た時に、どっちかきめろと言われると思いますが、どちらがいいかを決めるのはあなたです。ちなみに、私は独学派なのですが。双方のメリットについて、解説していきますね。

独学のメリットは、まずコストがかからないことです。人件費というのは、1番高いものなので誰かに習うということは1番コストの高い買い物をしているということです。独学であれば、人件費を払う必要がないです。

そして、私がいいなと思うことは好きなことを好きな時間に学べるということです。誰かに習うということは、それだけ誰かの時間を拘束してしまい、自分の時間が拘束されるということです。時間を拘束されることで他の学びたいことがない学べない時もありますし、時間を拘束されずに学べることは私にとっては最大のメリットです。

あとは、調べる力がつきます。これはありがちですが、やはりどうやって調べるのかどんなキーワードで調べるのか、何をみたら正確な情報が手に入るかなど調べる力をつけるというのは、今後学習していくなかで重要なことであると考えます。

 

 

②誰かから学ぶメリット
誰かから学ぶメリットとしては、時間を短縮できることだと思います。確かにコストはかかりますが、自分の気になった時に気になったことを質問することができるのが最大のメリットだと思います。変な学習の仕方をせず、プログラミングができるようになるまでみたいなのならそこに一直線に向かえるという意味でも時間の短縮になっていると言えます。

また、学ぶことに対してお金をかけているので、独学に比べて絶対に損したくない、吸収しなきゃとお金をかけた吸収率を買うこともできます。

あとは、楽しく学習することができるのもメリットかも知れません。習う人は自分で決めることができるのでこの人にお金をだして学びたいと人をしっかり選ぶことで例え話やその人がやって失敗したことなどを聞きながら楽しく学ぶこともできると思います。

最後に私がお伝えしたいのは、あなたにあった方法をとってほしいということです。独学か学ぶか?というテーマでなくても勉強方法だったり、スポーツを選ぶ時も自分が続けられそうで、楽しそうで、自分があんまり苦だと思わない方を選んでください。方法はあくまで方法なので、そのやり方があるという事実があるだけで正解不正解の話ではありません。

 

 

まとめますね。独学のメリットは、コストがかからない、好きな時に学べる、調べる力がつく。学ぶメリットは、時間を短縮できる、お金をかけているので吸収率を買うことができる、楽しくまなぶことができる。方法に正解はないため、自分にあった方法を使うです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

独学や学ぶことが継続できない人は、この記事も読んでみてください。↓

https://onsaro.jp/モチベーションの保ち方/