未分類

社会人1年目に求められること、新人に求められるもの

こんにちは、こんばんわ
新社会人の教室です。

本日のテーマ

本日は私個人が社会人1年目では何を求められていて、会社に必要な人材になるためにはなにが必要かを考えてやっていた社会人1年目の話を書こうと思います。

目次
①価値を高めることに重点を置いた
②価値を高めるためにしたこと

①価値を高めることに重点をおいた
なぜ自分の価値を高めることに重点を置いたのかということなのですが、私はよく相手の気持ちになってみるということをよく実践しています。好きな女の子を落としたい時は好きな女の子の気持ちになり、友人からクライアントから相談を受ける時は友人やクライアントの問題はなんなのか、なにを解決して欲しくて困っているのかを徹底的に考えます。今回は会社側の気持ちになって考えます。給料を上げる1番の方法は自分の希少価値を上げることです。希少価値とは変えがきかない人材になることです。希少価値をあげることでなぜ給料があがるのか?ということなのですが、この人材は変えが効かない、他のところに行くのを止めるお金を払ってでもこの企業にいてもらおうとなるわけです。1年目で私は自分の希少価値を高めようと思いました。

②希少価値を高めるためにしたこと
希少価値を高めるということで1年目でなにをするかということを考えていました。そこで私は『1年目』という部分に着目し、1年目でしかできない価値の出し方というところに重点をおこうと思いました。1年目の価値として私が考えたのは、とにかく上の代にプレッシャーをかけるということです。わかりやすく言うと1年目が仕事できすぎるから私たちも頑張らないと1年目程度に負けてしまうという状況を作ろうと思いました。1年目が上の代にプレッシャーをかけることで上の代も勉強や努力をするようになります。その結果、企業全体の能力の向上、企業全体の利益に繋がると考えました。それに企業の上の役職やトップが気付くかは別として…。上の代にプレッシャーをかけるということは自分はそれ以上の努力をしないといけません。ただ自分は努力を続けるという才能だけはあったので毎日なにかをインプットすることに対してはしんどさはあまり感じませんでした。この毎日の努力は他の人より1日1日ずつ少しの差が開いていると実感でき、自分の自信につながりました。また、毎日少しでも進んでいるという実感ができ精神の安定にもつながりました。

私は社会人1年目でも自分の価値を高め、企業に必要な人材になることが必要だと思っています。これ以外にも自分の価値の高め方というものはまだ幅広くあると思うので自分でも考えてみてはどうでしょうか⁇

このサイトで自分の価値について考えてくれた人におすすめ

私が社会人1年目の時点で買ってよかったと思う本で『金持ち父さん、貧乏父さん』があります。世の中の資産と負債(1軒屋がいいのかマンションがいいのか)の違いを教えてくれます。1年目の時点でこの本を読んでおくことにより自分の価値のつけ方、自分の価値がどう工夫したらお金になるのかなどを考えるきっかけになりました。簡単な本ではありませんが絶対に今後役に立つ自信があります。また、ビジネス以外の場面でも応用できることは多いです。よかったら読んでみてください。