未分類

行動の時代、なぜみんな行動するようになったのか

皆さん、こんにちは、こんばんわ‼︎
新社会人の教室です。
本日は『行動の時代、なぜみんな行動するようになったのか』というテーマで記事を書いて行きたいと思います。私はなにかに挑戦している人の話が大好きなので自分の周りにいる人の挑戦している話をよく聞きます。現在、日本人は会社以外で勉強している人は50%程度でアジアでもなかなか下の方だと聞きます。しかし、私の周りではマルチビジネスやブログ、他にも経営の勉強だったりをしている人は結構いるんですね。なぜ、私の周りの若い人たちは危機感をもって勉強しているのだろうということについて考えてみました。

目次
①行動のきっかけ
②行動している人をみれるようになった
③行動しやすくなった時代

①行動のきっかけ
この記事を書く上で皆さんがなんで行動するようになったのかな?ということを考えてみました。結論としてやはり、老後2000万円問題が1番だと思います。皆このままじゃなんかやばいんじゃないか?ということに気づいているんですね。あとは、日本が今経済的にやばくて、コロナで拍車もかかって不景気なんじゃないか?ということもあると思います。まぁなんにせよみんな危機感をもって行動しているんですね。

②行動している人をみれるようになった
これも大きいと思います。きっかけと似たようなものですが、YouTuberがよく言っている『好きなことで生きていく』やインスタ、Twitterなどの普及により行動している人をみれるようになった。これにより、行動しないとなんか周りはやってるし、自分は何もしてないなと思う人が増えたんじゃないかなぁと思います。周りに行動してる人がいたら、それは焦りますよね。あと、行動している人のノウハウ(やり方)をみれるようになったことで、『これおれでもやれるんじゃね?』とか『この方法を使えば成功できるのか』などがわかったのも1つの要因として考えられます。

③行動しやすくなった時代
これは、YouTubeのチャンネルやTikTokなど個人がチャンネルを持てるようになり、発信することで収益を得ることができるようになった。そのほかにもブログなどを通して収益化できる個人のツールが増えたことが原因だと考えます。また、それを行うあめのかかる費用も大幅に減少しているので、行動する人にめんどくささ、コスト(リスク)が限りなく減っていることが増えている要因だと思います。

まとめますね。行動のきっかけは2000万円問題や日本の経済の落ち込みによる焦りである。行動している人をみるようになって、これも何もしていない自分に対しての焦りなんかがでたり、やり方がわかったことでできると思う人が増えた、やり方がわかったことも要因の1つである。行動しやすく、自分のチャンネルをもてたり、やるまでの大変さやかかる費用が限りなく少なくなったことで皆が行動しやすくなったということもあります。

この記事を読んだ方、行動してください。
私のオススメの本『プロセスエコノミー』を載せておきます。現代で品質で差をつけられない個人。大手に資本力で負けてしまう個人がいかにして戦うのかと言うことが説明してある本です。5年後、10年後のトレンドになります。損はさせません。どうか行動してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。以上です。

本を買わない人もこの知識は知ってほしいので、この記事を見てください↓

プロセスエコノミー 意味 プロセスエコノミーとは皆さん、こんにちは、こんばんは‼︎ 新社会人の教室です。 本日は『プロセスエコノミー〜製作過程の販売』というテーマで記...